挨拶をしっかり行ってくれる業者を選ぶことがポイント

Menu

暮らしのアドバイス

ダンボール

気になるルールとマナー

引越しが初めての方、または久しぶりの方が悩むのが近隣住民の方への挨拶ではないでしょうか。集合住宅へ引越しの場合は両隣三部屋と上下の部屋の方に挨拶する、というのが一般常識と考えられてきました。しかし現代ではその限りではありません。女性の一人暮らしの場合は近隣住民に女性が1人で住んでいることを知られてしまうと危険が及ぶ可能性がある、ということで挨拶を控える方もいます。また、すぐ引越しが予想される場合などは入居時にわざわざ挨拶に行かない方もいます。 しかしながらご近所付き合いも重要であり、近隣トラブルを防止したり、災害時などに役に立つ場合もあります。家族で引越しをした場合などは、子供の存在を地域の方に知っていただくことで見守っていただけることで防犯にも繋がります。よって、特別な理由がない限りは、基本的なマナーとしてご挨拶に伺った方が良いでしょう。引越し業者が帰った後など、少し落ち着いた頃合いを見計らって、簡単なもので良いので菓子折りなどを持参し、迷惑でない時間帯に訪問しましょう。挨拶をしたくない方もいらっしゃいますので、無理に何度もインターホンを押したり早朝深夜に訪問することのないようにしましょう。相手がどのようなご近所付き合いを望んでいるのかを見極め、失礼のないように挨拶することが望ましいです。新生活において近隣環境は非常に重要なものとなりますので、より良いご近所付き合いができるよう、準備してから望みましょう。